ウィーンのカフェ


ウィーンのカフェ

1683年、オスマン・トルコのウィーン包囲戦(攻城戦)の後、街を取り巻いていたトルコ軍が、置き去りにしていった物資の中に、コーヒー豆が残されており、それがオーストリアでのコーヒー飲用の基点となったとされていますが、ウィーン包囲戦の時代が世界各地から様々なルートでコーヒー豆がヨーロッパに流入した時期となっています。
その後、専門店としてのカフェが生まれますが、18-19世紀にそれらのカフェにおいて政治家・多数の芸術家やジャーナリストなどの集合する場所となり、やがて「ウィーンのカフェ文化」が成り立つこととなりました。 その特徴は、1杯のコーヒーで1日を過ごせるといわれるくらい、長時間居座っていても店側からの苦情は発生しないという居心地の良さがあります。 実際は、複数の友人同士で長時間の対話が楽しまれていますが、一人で何もしないでただ時間の過ぎるのを待つことも出来ます。 またコーヒーに一杯の水(ヨーロッパでは珍しい美味しい水道水:アルプスから供給されています)が付いてきます。
南のイタリアのエスプセッソの飲み方と比較して対極の存在です。 ウィーンはアルプス山脈の北側で、寒い期間が長いため同時期は、屋外に長時間留まることも不可能であったためこのような習慣が発生したものと想われます。

市内中心部の一等地や、周辺地域にもカフェの数が非常に多い都市です。新興のスターバックスなどの出店も盛んですが、問題なく共存できているようです。
有名なカフェ・ハウス:他にもたくさんあります

地図で紹介した有名なカフェは、動画での案内も豊富です。店内の様子や、カフェのみではなく食事も楽しめる画像が含まれています。

ザッハートルテで有名なカフェ・ザッハー

フランツ・ヨーゼフ皇帝も通った王宮から近いカフェ・デーメル

ブルク劇場・市庁舎の前にあるカフェ・ラントマン