ベルギー(言語)

ベルギーの言語 地図

ベルギーは言語が使われる地域により分かれていて、フラマン語は北部フランドル地方(全人口の60%)、フランス語は南部ワロン地方(39%)、そしてドイツ語はドイツ国境地域(1%)となっています。(他にもルクセンブルク国境付近ではルクセンブルク語が使われています。)
ベルギーでの言語問題は、言語戦争とも呼ばれ、フラマン語系とフランス語系の対立は、政治的に1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した後も、依然として残っています。 これはこの地域が形成された歴史的な問題、国家としての形成により現れたきた問題です。
政府観光局においても、フランデレン地域(フランダース地方)ワロン地域が、別々にキャンペーンを行なっているようなので、ここにもベルギーの言語問題(南北に区別)が顔を出しているようにおもわれます。

ホテル地図:ブリュッセル

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金