カテゴリー別アーカイブ: ミラノ

ミラノ 最後の晩餐(Santa Maria delle Grazie教会)

StreetView画像を利用してレオナルド・ダ・ヴィンチ作:最後の晩餐を表示しています。
教会付属の修道院食堂の壁に、絵画が描かれているのが確認できます。
他の教会に描かれている絵画は、多くは経年劣化の恐れの少ないフレスコ画等の手法で描かれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれたこの教会の「最後の晩餐」は、当時の最新の手法で持って描かれ、残念ながらその手法は、時間経過とともに本来の風味を失ってしまうという欠陥があったようで、絵画を描き終わった時点から修復作業が現在まで継続されていると状態となっています。 

当然ながら入場希望者が大変多いことから、基本的に予約制となっています。
月曜日は休館
個人旅行で参加の場合は、訪問日時を指定して予約(英語可能)、予約番号を受け取り、入場当日 入り口で予約番号を告げてTicket入手という手続きとなります。
またガイドツアー(入場できる上限がある)も実施されており、こちらは空きがあればガイド料+入場料で、入場が可能となっています。
基本的に電話予約ですが、旅行会社に委託することもできます。 その場合は手数料も加算されます。 その場合はいくぶん高額となります。航空券やホテルを旅行会社に依頼する人は聞いてみることもできるでしょう。
但し自分で予約すれば、手数料はかかりません。

ミラノ 空港(Malpensa Linate)

ミラノ周辺には、3つの空港があります。下記の地図にもその空港名と場所が表示されています。
空港から市内までの交通手段ですが、下記ではマルペンサ空港を中心に記述しています。 ミラノ市内から東南に位置ずるLinate(リナーテ)空港は、約5km位しか離れていないので、空港から直接Taxiなどを利用した方が、費用や時間を短縮できます。
マルペンサ空港は、市内から列車・バスで1時間位かかる場所となっているので、公共交通機関を利用して市内中心部まで移動、その後 他の交通機関を利用して目的地に向かうという方法が、移動費用を考えた上でもっとも効果的と云えます。

マルペンサ空港から市内への移動パターンは複数種類あります。
列車で移動するMalpensa Expressや、Pullmanと呼ばれるバス・サービスは、複数の連絡路線がありますが、下記の地図に表示しているのは その一部です。

この他に個人手配できる移動手段などもあります。 荷物が多い場合や意志の伝達(この場合はイタリア語等)に不安がある場合は、乗り換えなしで宿泊場所まで直行できるTaxiや専用車などのほうが便利な場合もあります。