expediaによるパリ観光ガイド(動画)


expediaによるパリ観光の動画(Youtube)

expediaはアメリカに本社があるオンライン・旅行会社で、多数の国々で旅行サービス(航空券・ホテル)などの手配を行っています。
音声は英語による案内ですが、字幕を選択すれば、日本語(誤表記もあります:英語のアナウンスが正しい)でも観賞することが可能です。
パリについての案内は、ネット上での動画よりもテレビなど既存のマス・メディアでも取り上げられることが多いため映像を見る機会は非常に数多くあると想われます。
観光地としてのパリは、中心部に見どころが多く工夫すれば徒歩でめぐることが可能です。
離れた場所でも公共交通機関で問題なくアクセスできたり、定期観光バスなどの催行も非常に多いため数多くの場所を短期間でめぐることも可能です。

マーカーをclickすると案内が表示されます。マーカーの番号が動画に掲載された順番に並べています。
世界最大の観光都市であるため、治安対応でも問題なしとされていましたが、2015年11月13日の同時テロ多発事件以降、状況は変化しました。
下記の地図では、主要観光地とテロによる被害発生地点を表示しています。
同時テロ事件以前は、治安対象の場所は公共の主要インフラ施設:観光地を中心とする人々が集中する場所と考えられていました(テロはパリにとり大事な観光業の脅威となる) 地図を参照してわかるように同時多発テロは、
パリ市民が普段の生活をおくる市街地で発生してしまいました。 このことから、どのような場所が安全で、安全でない場所の見極めが非常に困難となった時代の幕開けの事件となってしまったわけです。