パリのレストラン


パリのレストラン 利用方法
レストランの入り方、メニューの読み方について パリの場合はMenuは、日替わりに提供される提供の意味です。
パリの手法がヨーロッパで同一のものではありませんが、応用を利かせることで、どんな国でも対応できます。
レストラン利用で、一番の重圧は、一人で入店して一人で食べていること。 座席の周囲は、複数入店で食事の間、会話が弾んでいる状況に囲まれてしまいます。 あまり気にしないことです。

注文方法:店員さんへのアクセス方法: パリでは固有の方法があります。
動画では、食事と飲物と同時に頼んでいますが、最初に飲物のみオーダー、その後しばらくして食べ物を頼むなどのパターンも存在します。

食事と支払い方法:座席の担当の店員さんに食事の場所で支払います。 チップの習慣について

撮影に利用されたレストラン:BRASSERIE CONGRE

レストランの利用方法は、細かく分けるとヨーロッパの国毎に異なりますが、上記の動画の応用で全て解決できると想います。