ミュンヘン


ミュンヘン
ミュンヘンは、市域にも観光ポイントが非常に多い年ですが、ミュンヘンの属する南ドイツのバイエルン州にはたくさんの見どころが集中しています。 そのため団体旅行においては、ミュンヘン市内の観光は、意外と短時間で済ませてしまう場合が多いようです。 最近は、個人周遊旅行の方が増えてきているので、週間単位、月間単位での滞在期間(郊外の比較的安い宿泊施設などを利用する)でゆっくり見て廻ることもできます。
地図の表示では、45度の空中撮影画像をみることもできます。 下記の表示にもサンプルを付けています。

ミュンヘンの起源は意外と新しく、9世紀頃ベネディクト会修道院のそばにできた村が、修道僧を意味する(Moenche:メンヘ)名称を用いました。現在でも市の紋章には若い修道士(Muencherer Kindl)が用いられています。第二次大戦後は、南ドイツの中心地、バイエルン州の州都として経済・文化の中心都市となっています。人口は約130万人でドイツでは、ベルリン、ハンブルクに次ぐ大都市です。 ドイツ国内でも旧来のバイエルン王国時代(ドイツ統一以前)の地域特性が強く残されている地方といえるでしょう。ドイツ連邦の中でも特色ある州(連邦を構成している国家)といえます。

案内付きの団体旅行のガイディングの様子面白い案内が含まれています。

市内中心部の観光箇所が案内されています