イタリア 地図(州別・世界遺産)


イタリアは、ローマ帝国の中心地で、ヨーロッパ全域にその影響力を振るいましたが、近代においては国家統一されたのが比較的新しく(1870年)、小国家群に分裂し、各国の首都同士が競い合ってきた歴史があります。
ローマは、官庁街と住宅街から大都市が構成され、ミラノは経済上の中心地、フィレンツェ、ボローニャ、パドヴァは学問上の首都、トリノ、ジェノヴァ、ナポリ、パレルモは重要な工業地帯の中心地、ヴェネチアは観光都市など、様々な特色のある都市を中心として州が成り立っています。
ヨーロッパ全体におけるイタリアの人口規模は、EUでは、ドイツ、フランス、英国に次いで4番目。ヨーロッパ内の大国の一つです。
下記の概要案内では、
イタリア領域の表示
2010年の州別における観光訪問者数(地図をClickすると案内が表示されます。色が濃い領域が訪問者が多かった地域です。)
イタリア国内で、登録されている世界遺産の一覧。
マーカーおよび地図領域をClickすると案内が表示されます。

イタリア国歌
世界でよく知られているイタリア民謡や、数々のオペラなどの名曲とは曲調がかなり異なります。 その理由は近代イタリア国歌の形成と深く関わっています。 

イタリア国歌制定に至る歴史的背景
歌詞の意味・日本語訳
Fratteli d’Italia l’Italia s’e’ desta,
Dell’elmo di Scipio, s’e’ cinta la testa.
Dov’e la Vittoria?
Le porga la chioma
Che’ schiava di Roma
Iddio la creo
Stringiamci a coorte,
Siam pronti alla morte,
Siam pronti alla morte
l’Italia chiamo Si!
イタリアの兄弟よ、イタリアは今目覚めた
シピオの兜(かぶと)を頭に戴き
勝利は何処にあらん
主が創りたもうたローマの僕(しもべ)
我がイタリア その美しい髪を捧げよ
さあ隊列を組め、我等は死をも恐れない
イタリアが呼んでいる、そうだ!