天空の城と呼ばれる竹田城跡 朝来市(兵庫県)

兵庫県の北部山間地域に位置する竹田城址周辺地域は、秋の良く晴れた朝に濃い霧が発生することがあります。これはこの地域から西に向かう中国山地内でもよく見られる現象です。
竹田城址にこだわらなければ、雲海の名所は多数存在しています。
朝霧が竹田城跡を取り囲む姿は、雲海に浮かぶように見える姿から、いつの頃からか竹田城跡は「天空の城」と呼ばれるようになりました。

雲海に浮かぶ「城跡」を見るには2つのパターンがあり 竹田城跡の「中から見る」、又は「外から見る」外部の展望台となっている立雲峡(りつうんきょう)の立地案内です。
以下の地図で立地の参照ができます。
竹田城跡は、標高353.7mの古城山山頂に築かれた山城です。一番楽な登山(自動車+徒歩)手段でも山頂までの道を20-30分登山する必要があります

展望台である立雲峡(りつうんきょう)朝来山の中腹にある県立の自然公園で、雲海に浮かぶ「天空の城」の姿を望むことができる人気の展望スポットです。山腹の専用駐車場から3つの展望台があり、新たに開設された第2展望台まで徒歩20分、もっとも竹田城跡がきれいに望める第1展望台まで徒歩40分と道のりは険しく冬季には積雪もあります。 竹田城址の外観を見るには絶好の場所とされています。

駅から徒歩15分のエリアを表示 北区 地図

東京都 北区にある鉄道駅から徒歩15分圏内の領域を表示しています。
地図で表示できる「識別標高図」をみると北区は台地の東端に位置しています。
区域は南北に細長い形状をしており、南北に鉄道の基幹路線JRが、縦断している地域であるため、鉄道交通では大変便利な地点にあります。
(都電荒川線は省略してあります)
アクセスの良さでは、世田谷、杉並、練馬、板橋、太田区など、東京23区とそれ以外の行政区域が隣接する中では1番便利な地域といえるでしょう。

地図範囲の選定基準
一般的に、徒歩移動の場合は、時速4km 分速66.66m とされていますが、不動産業界では、長らく別基準が用いられています。
不動産業界が利用している、数値は、徒歩 時速4.8km 分速 80m となっています。
上記の地図範囲は、不動産業界の数値を利用して領域を表示しています。
その場合、徒歩10分で移動できる距離は、800m、徒歩15分で移動できる距離は、1200m(1.2km)です。

地図は駅から等速時間の領域を示していますが、完全な円形となっていないのは、地図測量システムによる障害物、高低差等の数値などが加えられているため変形しています。
また明らかに誤差が見られるような場所もありますが、特に修正はしておりませんので、常識的に移動距離と地図の内容から適正であるかどうかを判断ください。

不動産情報検索サイト
地図で賃貸情報を確認できます。