駅から徒歩15分のエリアを表示 北区 地図

東京都 北区にある鉄道駅から徒歩15分圏内の領域を表示しています。
地図で表示できる「識別標高図」をみると北区は台地の東端に位置しています。
区域は南北に細長い形状をしており、南北に鉄道の基幹路線JRが、縦断している地域であるため、鉄道交通では大変便利な地点にあります。
(都電荒川線は省略してあります)
アクセスの良さでは、世田谷、杉並、練馬、板橋、太田区など、東京23区とそれ以外の行政区域が隣接する中では1番便利な地域といえるでしょう。

地図範囲の選定基準
一般的に、徒歩移動の場合は、時速4km 分速66.66m とされていますが、不動産業界では、長らく別基準が用いられています。
不動産業界が利用している、数値は、徒歩 時速4.8km 分速 80m となっています。
上記の地図範囲は、不動産業界の数値を利用して領域を表示しています。
その場合、徒歩10分で移動できる距離は、800m、徒歩15分で移動できる距離は、1200m(1.2km)です。

地図は駅から等速時間の領域を示していますが、完全な円形となっていないのは、地図測量システムによる障害物、高低差等の数値などが加えられているため変形しています。
また明らかに誤差が見られるような場所もありますが、特に修正はしておりませんので、常識的に移動距離と地図の内容から適正であるかどうかを判断ください。

不動産情報検索サイト
地図で賃貸情報を確認できます。

駅から徒歩15分のエリアを表示 板橋区 地図

板橋区にある鉄道駅から徒歩15分圏内の領域を表示しています。
台地が荒川に浸食されて形成された土地であるため、荒川・隅田川沿いと、その河川に流れ込む中規模河川により非常に高低差のある土地があることが特徴です。
23区内では、港区と同様に数多くの坂が見られます。(特に東武東上線と都営三田線との狭間で)
地図の色別標高図を見てみると、台地の端にあることがよくわかります。
活断層図では、緑色の地域が多くこれは過去数千年間に海・湖や川が山地・丘陵を削り、運搬してきた土砂を堆積させて形成した沖積低地や扇状地・沖積錐などの地形を意味しています。一般的に緑色の地形は橙色の段丘面と比較して地盤が悪く、遠くで起きた地震でも地震波が増幅されて、大きな被害が発生することもあります。
鉄道路線は、基本的に2つしかありません。 南部域の東武東上線は、急行などの設定もあり池袋へのアクセスも比較的便利な地域です。
都営三田線は、停車する駅が非常に多く板橋区内では他の路線との接続がないため、あまり便利な路線地域とは言えない地域でしょう。

地図範囲の選定基準
一般的に、徒歩移動の場合は、時速4km 分速66.66m とされていますが、不動産業界では、長らく別基準が用いられています。
不動産業界が利用している、数値は、徒歩 時速4.8km 分速 80m となっています。
上記の地図範囲は、不動産業界の数値を利用して領域を表示しています。
その場合、徒歩10分で移動できる距離は、800m、徒歩15分で移動できる距離は、1200m(1.2km)です。

地図は駅から等速時間の領域を示していますが、完全な円形となっていないのは、地図測量システムによる障害物、高低差等の数値などが加えられているため変形しています。
また明らかに誤差が見られるような場所もありますが、特に修正はしておりませんので、常識的に移動距離と地図の内容から適正であるかどうかを判断ください。

不動産情報検索サイト
地図で賃貸情報を確認できます。