ルクセンブルク 地図


西暦963年、ルクセンブルグ家の祖先であるアルデンヌのジーゲフロイト伯爵が、城塞を築いたことが街の起源とされますが、周辺には古代ローマ時代からケルト人が住み着き、農業や商業の地域の中心地でもありました。当時、砦のことを “lucilinburhuc”(小さな城)と呼んでいたことから、やがてluxemburgという呼び名に変わりました。
現在の人口は46万人強とされており、首都であるルクセンブルクには約85.000名が居住しています。近年は国際金融業も盛んで、国民一人当たりのGDPは世界トップだが、金融関係に携わる富裕層とは別に、社会の底辺を支えている外国人労働者(不法滞在も含んで)もまた多く、一概に理想的な規模のヨーロッパの小国とは言い難い部分も含んでいます。 
ローマ帝国時代より、街道がこの地で交差する交通の要衝で崖地であったため堅固な城が建設されて周辺地域の支配地の基点となっていました。 現在においては、必ずしも交通が便利な地点ではなく、特別にルクセンブルクに立ち寄る予定がない場合には、気軽に立ち寄れる地域とまでは言えません。第二次大戦までは、列強の狭間の地域であったため、激動の時代が続いていましたが、戦後は、周辺の国々の安定にも助けられ、世界の国の中でも最も裕福な国の一つとされています。
市内観光は、約半日程度で廻れる行程です。 市内にある城と市街が、世界遺産としても登録されています。
下記の概要案内では、
ルクセンブルク市内の観光箇所の表示
ルクセンブルクの天気予報
道路交通の表示
自転車道の表示