オランダ 地図


オランダの紹介ですが、政府観光局の案内が秀逸です。まとめて表示してみました。
国土の26%が海抜下。アメリカ、フランスに続いて、世界第三の農産物輸出国ですが、オランダで農業に従事しているのは、国民のたった4%です。オランダ人は、世界一身長が高い国民です。首都アムステルダムの町全体が、木杭基礎の上に建設されています。オランダのことわざ「普通にしろ。それだけでクレイジーなのだから」とは、まるで宗教のように信じられています。14才以上の人は、身分証明書を携帯しなければなりません。オランダには、1048の風車と、108の水車があります。 オランダの風車は、長い水害との戦いの歴史を物語っているのです。多くのオランダ人は、生ヘリング(ニシン)にタマネギをのせて、シッポをつまんで手で食べます。
オランダの州別地図の領域を表示してみると
名称の呼ばれ方は、英国-イングランドと同じような形態で、国の公式名称はネーデルランド(王国)であり、12の州で構成されている国家です。州のうちの2つ、北ホラント州と南ホラント州がオランダを構成しています。17世紀、この2州の海運力と経済力により、ネーデルランドは世界中でオランダとして知られるようになりました。
オランダの人口は1.650万人、EUの中で最も人口密度が高い地域で、人口の40%はランドスタッドと呼ばれるアムステルダム、ロッテルダム、ハーグ、ユトレヒトのあるエリアに集中しています。政府による人口予想では、2030年ごろまで増加が続くと考えられています。
オランダは水の国で、3つのヨーロッパの主要河川(ライン河、マース川、スヘルデ川)がオランダのデルタ地帯を形成し、北海へと流れています。国土の26%が海面下です。オランダの歴史は同時に、水との戦いの歴史で、何世紀もかけて、堤防、干拓、ダムの建設などの水利事業を行ってきました。
下記の概要案内では、
オランダ領域の表示(地図Clickすると州別の案内を見ることができます。)
2011年の州別における人口数(多い地域ほど、色が濃く表示されます)
国内の水路交通路を表示しています。水との戦いの歴史を見て取れます
オランダ国内で、登録されている世界遺産の一覧。国内最高峰(323m)の場所も含んでいます。

オランダ国歌
国歌としての成立は、最も初期時代のもので、歌詞の内容も相当 古い時代のものです。 その後に国歌が生まれてくる場合の参考となったようです。 現在の国歌の演奏時間が、手頃な短さとなっているのは、オランダや英国の影響が大きいかもしれません。

オランダ国歌成立の歴史
Wilhelmus van Nassouwe
Ben ick van Duytschen bloet
Den Vaderlant ghetrouwe
Blyf ick tot in den doet
Een Prince van Oraengien
Ben ick, vrij, onverveert
Den Coninck van Hispaengien
Heb ick altijt gheeert 
ウィルヘルム・ヴァン・ナッソウ
我はオランダの由緒正しき血筋
永遠に祖国に忠誠を誓おう
オラニエ公 我は何ものにも臆せず自由なり
スペイン国王への忠誠を誓う