北欧(デンマーク ノルウェー スウェーデン フィンランド)地図


北欧4カ国の地図を表示しています。Google Mapsは、主に海図などで使用されるメルカトル図法で表示されているため、北極に近づくにつれ緯度線が広くなる特徴があるため実際の面積とは、かなり異なった表示となってしまいます。 面積等の比較をする場合は、Google Earthなどの画像をご利用下さい。
北欧地域の観光で特徴的なことは、主要都市の文化施設を巡るよりも、ノルウェーのフィヨルド観光や冬季フィンランド・スウェーデンのオーロラ鑑賞など雄大な自然美を目的としたものが増えてきています。 近年の日本人訪問者数による傾向分析では、デンマークとノルウェーの訪問者数が減少傾向となっています。スウェーデン・フィンランドは、ヨーロッパの他の地域と比較しても日本人訪問者が多い地域です。

北欧4ヶ国の領域を表示してみる 国別の簡単な案内

北欧4ヶ国の領域と国の事情を案内しています。
スカンジナビア半島にあるノルウェー、スウェーデン、フィンランドは、国土の半分(北部域)は北極圏に属します。またこれらの人口の大部分は南部域に集中しています。 北部は、夏季のミッドナイトサン(真夜中の太陽)、冬季のオーロラ鑑賞など多数の観光客が訪れる地域となっています。フィヨルドなどの地形にみられるように、氷河によって造られた国土が全域に拡がっています。
デンマークは、他の3ヶ国と異なり、国内最高地点が147mで、ユトランド半島と500以上の島々より平坦な国土が形成されています。
4ヶ国は、東にロシア、南部にドイツ、西南にフランスと英国と、近代以降は大国と隣接する地域に位置していたので、各国が選択してきた決定事項は、政治的にも軍事的にも必ずしも一様ではありません。 ノルウェーは、当初からEUに加盟してはいません。 デンマークとスウェーデンは、EUに加盟した後も通貨ユーロを採用していません。 またフィンランド・スウェーデンは、アメリカを中心とした軍事同盟NATOに参加してはいません。いずれも近年の通貨ユーロ危機や、ロシアの再台頭などを見ていると、北欧諸国の政治判断の賢明さがわかります。
ここでは、ただ観光地としてまとめやすいという事情で、北欧4ヶ国として案内しています。