ユングフラウ登山鉄道

ユングフラウ登山鉄道

インターラーケンを基点とした、TOP OF EUROPE と呼ばれる ユングフラウの山頂駅を結ぶ登山鉄道の経路とその風景が紹介されています。
地図から見たユングフラウ登山鉄道を参照下さい。
登山鉄道を利用する場合は、方位として北側にあるインターラーケンからのアクセスとなります。 開業当時から、登山鉄道を紹介する場合、北方面から南部山岳地帯を眺めた、鳥瞰図が利用されてきました。 この鳥瞰図の見方は、現在のGPS機能付きの電子地図のみに慣れていた場合は、ちょっと混乱があるかもしれません。 スイスの山岳風景の紹介は、過去の時代からの継承も含まれた鳥瞰図が多数利用されています。

TOP OF EUROPE ユングフラウ登山鉄道 山頂駅からの風景は、よく写真やビデオでも紹介されていますが、逆にその山頂駅がそのような場所に位置しているのかは、把握できません。 以下の映像は空中撮影で山頂駅を紹介しています。 100年以上も前(山頂駅建設は1912年:海抜3454メートル)にいかにすごい場所に山頂駅を建設したことがよくわかります。