ナミュール

ナミュール地図

北海に面する海岸域から一様に平坦な地形が連続するベルギーも南東域のナミュールを過ぎると、丘稜地が拡がり始め、河川によって削られた山陵と渓谷の景色が出現します。 このルートは、古代ローマ時代から南ヨーロッパとを北海を結ぶ交通路の一つとて街道が発達してきた場所です。 河川交通の要衝であったムーズ川沿いの主要な場所には、都市と戦略上の観点から城塞が築かれました。 アルデンヌ地方にあるお城群は、2つの形態に大きく分けられています。 一つは先に述べた要塞を目的として堅牢に造られた軍事上の防御及び駐留施設、もう一つは、貴族の館及び、狩猟の館など快適な居住を第一目的として造られたものです。 ナミュール/ディナンなどでは、軍事機能を持った要塞、 アンヌヴォワ/フレイエル/ヴェーヴ/ラヴォー・サンタンヌ/モダーヴ城などは、優美な形状を持った貴族の館(付随する庭園なども見事)を見ることができます。

ホテル地図:ベルギー

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金