スコットランド

スコットランド

スコットランドはイギリスの最北端に位置する国です。国内にはケアンゴームズ山脈、北西ハイランド地域といった山岳地帯の原野が広がり、氷河によってできた渓谷と湖が点在しています。主要都市として、丘の上の城が象徴的な首都エディンバラ、活気に満ちた文化の街グラスゴーなどがあります。スコットランドはゴルフでも有名で、セント アンドリュース オールドコースは 1400 年代に初めてゴルフの試合が行われた場所です。
スコットランド(英語: Scotland)は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成するカントリーの一つ。
1707年の合同法によってグレートブリテン王国が成立するまでは独立した王国(スコットランド王国)であった。
スコットランドはグレートブリテン島の北部3分の1を占め、本島と別に790以上の島嶼部から構成されています。
人口はスコットランド全体で546万人で、イングランドの5600万人の約10分の一です。
首都のエディンバラは第2の都市であり、ヨーロッパ最大の金融センターの一つで、最大の都市であるグラスゴーの都市圏には、人口の40%が集中しています。
スコットランドの法制度、教育制度および裁判制度はイングランドおよびウェールズならびに北アイルランドとは独立したものとなっており、そのために、国際私法上の1法域を構成する。スコットランド法、教育制度およびスコットランド教会は、連合王国成立後のスコットランドの文化および独自性の3つの基礎でした。

スコットランド:2D地図を表示

スコットランドを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
スコットランド

エディンバラ

エディンバラは、スコットランドの首都であり、ロージアン州の州都。人口は約47万人。グラスゴーに次ぐスコットランド第2の都市です。地名の由来は「エドウィンの城」の意味。フォース湾に面しており、旧市街と新市街の美しい町並みは、ユネスコの世界遺産にも登録されています。
エディンバラには2つの対照的な街並みがあり、歴史のある旧市街には中世の古い石畳の道や路地を楽しむことができます。また新市街には、優美なネオクラシック様式の建物が立ち並んでいるのが特徴です。 短期の観光で巡る場合は、ほとんどが旧市街の見学となっているようです。
基本的な観光コースは、エディンバラ城からホーリールード宮殿までのロイヤル・マイルといわれる中心通りの散策を楽しみながら旧市街に広がる独特の迷路のような路地が一番の見所と言えそうです。

エディンバラ:2D地図を表示

エディンバラを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
エディンバラ

グラスゴー

イギリスのスコットランド南西部に位置する大都市です。ロンドンから飛行機で約80分でアクセス可能な都市です。貿易や重工業の中心として発展してきた街で、スコットランド最大の産業都市です。観光案内所のあるジョージスクエアを中心に、レストランやカフェ、ショップ、ホテルが集まっています。グラスゴー市庁舎や現代美術館も中心にありますが、グラスゴー大聖堂やケルヴィングローブ美術館などの見どころは中心からやや外れています。
グラスゴーはスコットランド西部の低地にあるクライド川に面する港湾都市です。ビクトリア様式やアールヌーボー様式の建築が有名で、18 世紀~20 世紀にかけて貿易や造船で栄えた当時を物語っています。今日では、スコティッシュ オペラ、スコットランド バレエ団、スコットランド国立劇場に加え、名高い博物館や美術館、活況を呈する音楽シーンなど、英国文化の中心として知られています。

グラスゴー:2D地図を表示

グラスゴーを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
グラスゴー