ウェールズ

ウェールズ

ウェールズはイギリス南西部に位置するカントリーの一つです。かつてウェールズ王国だった場所。今でもウェールズ語が公用語として使われ、ケルト文化が残ります。
イギリスの中でも治安が最も良いと言われ、3つの国立公園や約400の湖、600を超える城を有し、ロンドンから日帰りでも訪れることができる人気の観光地です。
ウェールズに住む人々は、工業地帯として拓けた南東部と北東部に集中しています。
地形的には、「山の国」で、国を縦断する山脈が走り、丘がなだらかな稜線を描きます。
国土のほぼ1/4が国立公園か特別自然美観地域に指定されていて、どこに出かけてもすばらしい景観を楽しめます。
ウェールズはヨーロッパで単位面積あたりの城の数がいちばん多い地域で、これは侵略者との戦いに明け暮れた歴史の名残ともいえます。

ウェールズ:2D地図を表示

ウェールズを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
ウェールズ

カーディフ

イギリスという連合王国を成す4国のひとつ、ウェールズの首都カーディフは政治・ビジネス・文化の中心として、この地域の中心地です。
ロンドン・パディントン駅から2時間ほど電車に乗れば行けますので、カーディフは、日帰りも十分可能な都市です。
カーディフは産業革命時に鉄鋼業の中心都市として栄えたものの、その後 衰退期を迎えました。
1955年にウェールズの首都と任命されてから活気が戻るようになり、南部のベイエリアは特に再開発が進み、おしゃれなレストランもたくさんあります。

カーディフ:2D地図を表示

カーディフを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
カーディフ