パリ 地図

パリ 地図

街の中心部の建築物への様々な制限が、統一感を与え景観に優れた街を造り出しています。
ローマ時代からヨーロッパ各地には、そのような傾向が見受けられます。 宗教建築物(街中で一番立派な建築物)との関係性もあったものと想われます。
海を隔てたイギリスは、その例外で、現在のロンドンは、景観の美しさよりも機能重視の傾向(アメリカも)が見受けられます。
日本の街並みも、少数の例外を除いて、英米系と同じ傾向を進んでいるといえるでしょう。

パリ 2D地図を表示

パリの市内観光地図をGoogle Earthで表示
3D表示の他、鳥観図で俯瞰でき画像も確認できます。
パリ

ヴェルサイユ宮殿

パリから南西方面に約20-22キロ 列車と徒歩で約40分位で到達できます。
宮殿内を全て廻った場合は、1日必要、 ヴェルサイユ宮殿内部のみ入場の場合は半日位は必要です。
パリ発の定期観光ツアーもたくさんあります。
ヨーロッパの各都市においてヴェルサイユ宮殿完成以降に建造された宮殿建築は、必ずヴェルサイユの影響を受けているので(悪くいえばCOPY)、他のヨーロッパ都市の宮殿観光を省いても
ヴェルサイユ宮殿に充分な時間を取っておいてほうが賢明です。

ヴェルサイユ宮殿 2D地図を表示

ヴェルサイユ宮殿を3D地図で表示 click するとGoogle Earth が展開します。

ヴェルサイユ宮殿

モン・サン・ミシェル

モン・サン・ミッシェルの場所はパリから西へ約400km 少数の例外を除いて、ほとんどがパリから日帰りで訪れます。
ギザのピラミッドと同じで、「単に見ておくべきだけの観光地」というものが存在し、モン・サン・ミッシェルは、その対象となります。
建設された歴史や、現在の詳細は、別のガイドブックを参照ください。
一言で表現すると「偉容:異様」な観光地です。

モン・サン・ミッシェルを3D地図で表示 click するとGoogle Earth が展開します。
モン・サン・ミシェル

ロワール川 古城めぐり

ロワール地方のパリからの距離は Paris-Toursで片道約250kmでパリからみて南西の方位となります。
日帰りツアーが基本ですが、古城をホテルに改装している施設もあるので、事前予約しての宿泊も可能です。
パリ発の日帰りバスツアーをみてみると、比較的アクセスの良い シャンボール城、シュヴェルニー城、シュノンソー城 などの有名どころを見て廻る場合が多くなります。
また3D地図では、3D化されていない有名な古城は省いてあります。 

全長1020キロメートルというフランス最長のロワール川(日本最長 信濃川367km)に沿い、パリ西南部に広がる地方です。 1427年にシャルル7世が宮廷をロワールのシノン城に移し、1589年のギース公が暗殺されたことによりヴァロワ朝が終わるまで、ロワールはフランスの政治・文化の中心となっていました。 ロワールに王宮があったのはちょうど中世からルネサンスの時期にあたり、一帯には王侯貴族たちが競うようにして建てた大小さまざまな城があります。  これらの城は、貴族たちが自然を満喫したり、狩りを楽しむために建てられたものであり、現在も観光地やホテル、個人利用のシャトーとして利用されています。

2D地図を表示ロワール川の古城

ロワール川 古城を3D地図で表示 click するとGoogle Earth が展開します。

Google Earth による3D地図が、この地方の古城を理解できる一番のツールです。 従来の地図の場合はちょっと理解しにくい地域です。
ロワール川