ドイツ(都市)

ドイツは連邦共和国で、現在までにおいても、地域の独自性が強く複数の自治領として発展してきたという歴史的経緯があります。英国やフランスのような、巨大な首都圏を持たず、連邦国家内に16の連邦州があり、その内100万人以上の巨大都市は、わずか4つ(ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルン)しかありません。16州のうち3州は都市州として特別な位置を占めており、州の領域はそれぞれ大都市のベルリン、ブレーメン、ハンブルクに限定されています。その他の13の広域州は、多数の市町村から構成されています。
またヨーロッパ全体におけるドイツの規模は、EUではドイツが人口第一位(約8200万人)次いでフランスが2番目に人口が多く、イギリス(EUから離脱)、イタリアが後に続きます。
下記の地図は、ドイツの代表的な都市の一覧です。

ドイツを代表するランドマークは、ベルリン:ブランデンブルク門

フランクフルト:レーマー広場(ワールドカップの祝祭広場として利用)

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金