デュッセルドルフ

デュッセルドルフの地図

デュッセルドルフは、ノルトライン・ヴェストファーレン州の州都で人口が約60万人。
ノルトライン・ヴェストファーレン州は、ドイツの16ある連邦州のひとつで、州名は、ラインラント地方の北部(Nord, ノルト)とヴェストファーレン地方との合成名となります。州の西部が北ラインラント地方、東部がヴェストファーレン地方(英語名からウェストファリア地方とも呼ばれる)となっています。
州別の人口数は国内第1位で、人口密度も都市州を除くと総じて高く、古来からライン河を中心とする水運で栄えてきた地域でした。また近代以降ヨーロッパを代表する工業地帯であるルール地方は州の南西部に位置しています。
比較的地方に平均的に人口分散がみられるドイツの中では、50万人以上の人口規模も持つ大都市が集中する地域です。
ロンドンとパリに次いで、ヨーロッパで3番目に大きな日本人社会が存在します。 ホテル・ニッコーを中心とするインマーマン通りは、日本人のためのスーパーマーケットや書店、レストランなどが並ぶ、海外では非常に少ない「日本人街」さながらの様相を呈しています。