フランクフルト

ドイツ及びヨーロッパの金融と商業の要(欧州中央銀行の拠点)であるフランクフルトの人口は約70万人弱、ドイツ中部のヘッセン州に位置していますが、州都ではありません(Hessen州の州都は西に位置するWiesbadenです)。また居住している内の約3割が外国人となっている国際都市です。観光ポイントは市内中心部に集中しており、約半日位の時間で見て廻ることができます。
市内中心部では、地下鉄路線と都市近郊電車(通称S-Bahn)は、地下を運行しています。中心駅では、同じホームで複数の路線を利用している場合もあるので、少し迷う場合もあります。

フランクフルト国際空港は、ドイツ及びヨーロッパ内でも最大規模の空港の一つです。フランクフルト空港は、ヨーロッパ域で第3位の年間航空機利用者数を誇ります。空港の構造は、4層からの建物となりレベルという呼称で分類されています。航空機を利用される場合は、このレベルのフロアを上下移動して各施設を利用します。(例えば到着フロアはレベル1など) またフランフクルト空港にはターミナル1と2があり、スカイライン(乗り場はレベル4)と呼ばれる高架電車で結ばれています。ターミナル内は、搭乗口の場所によってはかなりの長距離の移動が必要となります。
フランクフルト空港の場合は、最終目的地が、約 9km離れたフランクフルトや近郊のマインツなどに移動する場合と、ケルンやデュッセルドルフ、シュトットガルトなど遠方の場所を目的地とする場合は、利用する電車の駅が異なっています。行先別に2つの駅を使い分ける必要があります。

市内案内動画: