ボン

ボンの観光案内

ボンが西ドイツの首都であった時代は、第二次大戦後の東西ドイツ分断の時代でした。 「民主主義の道」と呼ばれる ─ ドイツ連邦共和国歴史館をスタートし、かつての政府官庁街で現代史の重要スポットをたどる巡回コースは、そう名付けられています。 パレ・シャウムブルク (旧首相官邸) や旧首相公邸、旧連邦参議院議場のような、ドイツ政治の中枢を担っていた場所は、現在でも見学が可能です。 ドイツ連邦共和国歴史館の常設展では、 「ボン共和国」 にスポットライトが当てられています:有名な 「アデナウアー首相のベンツ」 をはじめとする展示品や各種書類、写真、映画等により、様々な記憶を呼び起こし、戦後期から再統一にいたる出来事を、歴史的・政治的な関連性の中で、具体的に解説しています。
ボンの起源は古代ローマ軍の野営地としてスタートしました。ライン側が低部ライン盆地に流れ込む場所にあり、16世紀にケルン大司教座の要塞首都となるに至って重要性を増しました。要塞はその後18世紀にバロック様式の宮殿へと変わりました。

ホテル地図:ドイツ

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金