アッシジ観光

アッシジ観光

アッシジはウンブリア州の中心に位置するモンテスバジオ山麓の丘の上標高500メートルに位置する小さな街です。
街の歴史は、大変古く、古代ウンブリアの中心地として栄えた後、ローマ時代には重要都市として華やかな役割を果たしています。
この町が有名であるのは、サン・フランチェスコ San Francesco(アッシジの聖人、1182年―1226年)の誕生とその生涯の活動によりアッシジはキリスト教が繁栄する世界的にも重要な聖地の一つへとなりました。清貧の教えを貫き、聖人の死後には荘厳な大聖堂が建立され、内部はチマブーエ、ジョット、シモーネ・マルティーニなど当代きっての画家たちが華々しくしのぎを削り、競い合いながら珠玉のフレスコ画を次々と制作し、その結果アッシジはイタリア宗教芸術の宝庫ともなっています。
現在も、街ではサン・フランチェスコの名のもと様々な平和活動が行われており、平和の都市としても重要な役割を担っています。毎年秋には平和への行進la Marcia della Paceという行事が開催され、世界中から人々が終結しペルージャからアッシジを目指して共に行進、平和の願いを世界中へとアピールする上で重要な機会となっています。また巡礼の地としても信者が集う場所となっています。 

サン・フランチェスコ大聖堂

ホテル地図:イタリア

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金