九州の百名山

阿蘇山

阿蘇は典型的な二重式の火山です。阿蘇山といえば、阿蘇五岳を中心にした東西にのびる連山を呼ぶことが多いですが、広い意味では外輪山や火口原をも含めた呼び名です。  
世界最大級のカルデラ(火山の中にある、円形またはそれに近い、広くて大きなくぼ地。火山体の崩壊・陥没によって形成されたものが多い)内に含まれる全部の地域のことです。
観光の場合の「阿蘇山」の定義は、自動車で簡単にアクセスできる「阿蘇中岳火口」を意味していると想います。

阿蘇山を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
阿蘇山

外輪山は南北約25km、東西約18km、周囲約128㎞もあり、世界最大級の火山です。火口原には約5万人が生活していて、田畑が開け、国道・電車がとおり、阿蘇市・高森町・南阿蘇村の3つの自治体があります。
阿蘇は火の国熊本のシンボルであり、高岳(1,592m)を最高峰に根子岳(1,433m)、中岳(1,506m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,321m)と連なっている阿蘇五岳が連なる複式の火山です。
また ほぼ900mの高さで火口原を囲む外輪山があり、中央部の中岳付近(観光で簡単にアクセスできる場所)見渡しの良い景色が広がります。

阿蘇が現在の山容になるまでは古い活動の歴史があり、10万年前、阿蘇が現在ある場所には数多くの火山があり、活発な活動をしていました。これらの火山が一斉に噴火活動をし、火山灰、溶岩などを噴出、この活動が終ると大陥没がおこって、今の外輪山の原形が生まれました。
このくぼ地に火口湖ができ、立野付近で断層や侵食がくり返され、湖水が流れ出しました。3万年から5万年前に東西方向に並んで阿蘇五岳の山々が噴出したといわれています。

阿蘇山:2D地図を表示

霧島山

霧島山という固有の山はなく、複数の山や峰からなる山塊群でそれぞれ個別の名前で呼ばれます。
鹿児島県と宮崎県にまたがる霧島山は火山が形づくった美しい山々や多くのカルデラの池、ミヤマキリシマをはじめとする四季折々の花々たちが独特の景観を見せます。「日本百名山」にも選ばれており、多くの登山客で賑わいます。
「天孫降臨」伝説がある高千穂峰は全国的にも有名な霊峰で、頂上に「天の逆鉾」が突き刺さっています。また、高千穂峰の登山口には約770年前に霧島神宮があったという古宮址があります。
なお、噴火活動中の火山が多く、入山制限となっている区域も比較的多数に上ります。

このパターンの山々は3D地図で見るのが最適です。
霧島山を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
霧島山

霧島山という固有の山はなく、複数の山や峰からなる山塊群でそれぞれ個別の名前で呼ばれます。
山岳群に加えて大小の湖沼群を抱えています。高千穂河原やえびの高原、霧島温泉郷など火山の恩恵を受ける観光地も含まれます。
中央の山塊の火山群は、北西から南東の方向へ並ぶ傾向を示しており、大浪池や韓国岳などを含む北西部(韓国群)と高千穂峰や新燃岳などを含む南東部(高千穂群)に分けられています。地熱が豊富であり、霧島温泉郷などの温泉地に恵まれ大霧発電所では発電にも利用されています。硫化水素や二酸化炭素を噴出する噴気孔が散在して「霧島火山群」として日本の地質百選に選定されています。

霧島山:2D地図を表示

開聞岳

3D地図の目的は、複雑な山岳地形を3D地図を利用して分かりやすく表示することとしています。
今回の開聞岳は、どのように見ても「複雑な山」ではありません。地図表記もかなり省略しています。

開聞岳を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
開聞岳

鹿児島県の薩摩半島の最南端に位置し,標高が924mで日本百名山の一つです。別名薩摩富士とも呼ばれ,まさに指宿のシンボルと言うにふさわしい美しい山です。ゆるやかならせん状の登山道は,老若男女を問わず親しみやすく頂上を極めることができます。頂上から望む大パノラマは圧巻で、霧島,屋久島,鹿児島の観光名所を一度に味わえます。
開聞岳の基底部はコニーデ型火山、その上にトロイデ型火山が重なるトロコニーデ型と呼ばれる二重式火山となっています。

宮浦ヶ岳(屋久島の最高峰1935m)

縄文杉に代表される、世界遺産 屋久島の案内は別サイトを参照ください。
ここでは、屋久島 中央部の山塊部分の地図を表示しています。

宮浦ヶ岳(屋久島)を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
屋久島

屋久島全体でも標高1000m以上の峰が数多く連なっています。
全部を把握することは困難なので、上部の3D地図では、島の中央部分の1500mの峰を表示しています。
中には、稜線上の峰で1500m 以上の場所もたくさん存在していますが、全部を地図に反映できていません。

これらの峰の集合状態を把握する場合は、下段のような2D地図では、中々困難です。
3D表示させて、自分の見やすい位置から全体を見渡すことで、なぜ屋久島が「洋上のアルプス」と呼ばれているのかが理解できるでしょう。

宮浦ヶ岳(屋久島):2D地図を表示

屋久島観光: 2D地図