名古屋駅地下街 地図

名古屋駅地下街 地図

名駅(名古屋駅)周辺では2027年のリニア中央新幹線駅開業(2020年現在コロナ禍と静岡県の抵抗で遅れるかも?)を見据え、中京圏で最も活発な再開発が続いています。高さが200mを超える高層ビルも4棟にのぼり、高層、集積化が進む地域です。 基本的にオフィス容量が、増加する傾向があるため、昼間人口の時間における変化が大きくなることが予想されています。

名駅(名古屋駅)周辺に新築ビルが開業すると既存の地下空間(地下街)も併せて広がります。 新築ビルの地下空間と現存している地下街は、数少ない例外を除いてほとんどが連結されています。
下記の地図では、それらの地下街地図と簡単な案内を掲載しています。

3D画像で見た名駅(名古屋駅)周辺の様子
名古屋駅

エスカ地下街

「駅裏」側に唯一ある地下街で、名古屋駅の新幹線口(西口)から出てすぐ、エスカレーターで地下へ進みます。
太閤通口のショッピング街です。入口付近にお土産物のお店を、まわりに飲食店を効果的に配置し旅行者に配慮されています。

ファッションワン

地下鉄桜通線と連絡する地下街です。女性ファッションとアウトドア系ショップ主体、東側はヘアメイクなど美容系店舗が並ぶビューティーストリートがあります。食事系ショップはありません。

ゲートウォーク

JR桜通口地下に広がるショッピング街です。この広い地下街は地下鉄名古屋駅のメイチカと並行しています。(2015/07/17テルミナより名称変更)

ダイナード

名古屋の地下街の中でも最小規模の地下街。2016年全面開業した新大ナゴヤビルヂングと地下街を接続しています。
ビル名とともに地下街も名称を継承しています。

ユニモール

地下鉄「名古屋」駅から地下鉄桜通線「国際センター」駅までを貫いている地下街。女性ファッションを主体とした2本の通路が平行する大きな地下街です。東は桜通線国際センター駅まで繋がっています。地下2階はユニモール駐車場があります。

メイチカ

地下鉄東山線名古屋駅の中改札と南改札やユニモールを結ぶ地下街です。両端は地下鉄東山線名古屋駅で、各地下街が接続しています。

サンロード

南方面のショッピング街です。2本の通りが平行して続き、カーブしていきます。名駅通両側のあらゆるビルと連絡しており、地下のメインストリートを担っています。

ミヤコ地下街 新名フード地下街

サンロードから繋がっているミヤコ地下街は、錦通りの下に伸びている地下街であり、モード学園スパイラルタワーズ、センチュリー豊田ビルほか柳橋方面のアクセスに便利です。