札幌駅前通地下歩行空間

札幌 地下街 地図

札幌駅前通の真下にあり、札幌市営地下鉄南北線さっぽろ駅と大通駅の間をつなぐ地下空間が歩行者通路となっています。JR札幌駅周辺、オーロラタウン、ポールタウンには地下にも店舗が開設されています。
JR札幌駅北側から地下歩行空間を通って地下鉄南北線すすきの駅までの約1,900 mがほぼ直線でつながっており、日本国内で最も直線距離が長い地下通路(地下道)になっています。
札幌駅周辺地区と大通地区を地下歩道で接続することにより、二極化している商圏の回遊性を高め、四季を通じて安全で快適な歩行空間を確保することを目的に計画されたものです。
冬季には積雪がある札幌市中心部でも快適な歩行が可能です。
また地下鉄線の駅を中心とした地下通路も利用することができます。

札幌地下街の地図

JR札幌駅周辺

地下に数多くのショッピングエリアが広がるJR札幌駅直結の複合商業施設。4つのショッピングセンター アピア・エスタ・パセオ・札幌ステラプレイスと大丸札幌店、シネマコンプレックスや展望室、プラニスホール、オフィスプラザさっぽろ、ホテル日航札幌を備えています。

札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)

札幌市のメインストリート、札幌駅前通の真下を通り、地下鉄南北線さっぽろ駅と大通駅間の約520メートルをつなぐ地下空間。歩くと約10分。2011年に開通し、JR札幌駅から地下鉄南北線すすきの駅が地下で一直線に結ばれ、イベントの多い大通公園とも直結しています。

さっぽろ地下街 ポールタウン

地下鉄大通駅を基点としてすすきの駅をつなぐ延長400 mの地下街(地下歩道)
札幌駅北側から札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)・ポールタウンを通ってすすきの駅までの1,900 mがほぼ直線でつながっており、日本国内で最も直線距離が長い地下通路(地下道)になっています。地下街からは隣接のビルに接続できます。