岩手県

岩手県

岩手県は東北地方の沿岸部に位置しており、その前身は伊達藩の北部と南部藩の南東部によって構成されています。岩手県の県の名前にある「岩」は、信仰の対象である岩を示しています。岩手県には岩手山が噴火したときに生まれた「胎内石」をはじめとして様々な巨岩を祭る神社などがあります。三陸海岸にある奇岩や怪石も岩手県の特徴であり、岩手県は岩に由縁のある土地とされています。

岩手県を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
岩手県

岩手県の平泉町は、世界遺産で国宝の中尊寺金色堂や毛越寺庭園、中尊寺境内、毛越寺境内附鎮守社跡、無量光院跡、柳之御所・平泉遺跡群などを抱えており、浄土思想による寺院と庭園が一体になっています。
この地域は、11-12 世紀に東北地方の政治の拠点として栄えた場所でした。

作家・宮沢賢治の故郷として有名な岩手県の花巻には、宮沢賢治童話村や宮沢賢治記念館など関連観光施設が多く、町全体から賢治の世界観を感じることができます。

北東部にある遠野市は、多くの昔話が誕生した街です。市内にある、とおの物語の館(旧とおの昔話村)では、昔ながらの雰囲気の中で、語り部による昔話を体験できます。
岩手県の名前の由来になった「鬼の手形」の伝説をはじめとして、岩手県には様々な民話や昔話があります。有名な民話はいくつかありますが、「こぶとり爺さん」の話などが有名です。 岩手県はそうした民話や伝説の宝庫です。

岩手県:2D地図を表示