Michelin3星レストラン 大阪_2017

ミシュラン3星レストラン 大阪_2017 地図

地図の中のマーカーをclickすると個別の案内が表示されます。

ミシュランガイドは、日本で「食の都」とされる大阪には、やや厳しい評価を下しているかも知れません。 そもそも全体的に安くて美味しいお店が多いため、食のガイドブックが必要のない地域であるかも知れません。

柏屋

最寄りの駅は、北千里線の関大前駅、一般的な住宅地が並ぶ道筋に、ミシュラン3星レストランがあることも面白い。 最寄りの繁華街は、北大阪急行線の江坂駅周辺

「茶の湯の心」に感銘を受けて日本料理の道を志し、滋賀の料亭で修業した松尾英明氏。「見えないところに仕事をしています」と言うとおり、正統派の料理ながらどれも工夫を凝らしている。鯛やイカの造りには梅肉ソースと松前醤油を添え、名物のグジは海老の塩辛に漬けてから焼く。夏のおすすめは鱧。たたき寄せ、湯引き、薄造り、焼霜と、異なる技法とつけダレで鱧尽くしを堪能できる。

弧柳(コリュウ)

大阪キタの繁華街、北新地に位置する集合ビルの1階にある日本料理店。周辺は大阪市の中でも有名なオフィス街と繋がっている巨大な歓楽街。

松尾慎太郎氏は、近海の魚介と浪速野菜を用いて独創的かつ繊細な日本料理を供している。例えば鮎なら、たで酢を幾度もかけながら炭火焼にしたり、うるかを塗って焼いたり、実に発想が豊かだ。鱧であれば、生身をすり潰し、鰹だしを合わせた冷製すり流しが斬新。基本はおまかせ一種だが、春は筍、夏から秋は鮎や鱧といった旬の素材尽くしもある。

太庵

大阪ミナミの歓楽街からやや北にある。最寄りの駅は堺筋線の長堀橋駅。オフィスビルや都市中心部の高層住宅、歓楽街などが混在する地域の中では比較的静かな通り沿いにある。昼間(レストランは夜のみ営業)、シャッターが下りているとレストランと見分けることさえ困難。

黒革の椅子に身を落ち着けると、まず炭焼き台が目に入る。何を食べたか印象に残る料理を心掛けているという店主、高畑均氏は炭火焼料理を得意とする。焼物は数種から選ぶ。赤ワインと蜂蜜、香辛料で下味を付け、香ばしく焼き上げるスペアリブは定番の一品。フランス産ホワイトアスパラガスのあられ揚げ、ジロール茸の炊き込みご飯など、素材選びに国境はない。

3D 地図(Google Earth) と StreetView での表示 


「ミシュランの3星」レストランは、地図で表記するいわゆる「世界の聖地」に含めてよいかどうかは、よくわかりません。
但し「美食」を求めている人々にとっては、聖地認定される場合もあるでしょう。 2017年の大阪の3星レストランは、京都とは違い、その存在を知らないと、店の前を通っても気が付かないような外観を持ったレストランばかりです。
孤柳:Michelin3星レストラン 北新地
画像をclickするとGoogle Earthが展開します。