マルタ

マルタ共和国

マルタは、アフリカ大陸チュニジア首都チュニスよりも南に位置しており、無人島を含めて5つの島からなっています。海上交通の要衝の位置にあることで、有史以来、長らく近隣列強諸国による支配を受けてきました。最後の宗主国はイギリスで1974年までマルタは168年間英国の統治下にありました。 現在のマルタの街の形成は、オスマントルコに地中海東域のロドス島を追われたマルタ騎士団が、オスマントルコの追撃を防御する南ヨーロッパの盾となるために、城砦機能を併せ持った街として再構築されたことによります。 オスマントルコの来襲は1565年の大包囲戦の一度で終了しましたが、防御陣地の構築は継続されました。その後18-19世紀のフランス・ナポレオンの侵攻、大英帝国の支配、その後第二次大戦では、英国の最前線として枢軸国のイタリア・ドイツの空爆と小さな島ながら数々の歴戦の舞台となってきました。

マルタ共和国:2D地図を表示

マルタ共和国を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
マルタ共和国

ヴァレッタ:マルタ共和国首都

観光の中心となる地域は、マルタ共和国の首都ヴァレッタで街全体が世界遺産となっています。
この街が建設されるのは1565年に行われたオスマントルコ軍による「グレートシージ(大包囲)」の経験から、難攻不落の都市となるよう設計され、建設されました。完成は1571年。ヴァレッタという名前は、当時のマルタ騎士団長であり、街の完成に尽くしたジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットに由来しています。
地中海の島、マルタ共和国には航空機、航路によりアクセスが可能です。

ヴァレッタ:マルタ共和国首都:2D地図を表示

ヴァレッタ:マルタ共和国首都を3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
ヴァレッタ