中東地図

中東 地図
中東地域は、19世紀以降にイギリスなどがインド以西の地域を植民地化するに当たって考え出された地理的概念で、ヨーロッパ地域からみた「より近い東の地域」を指しています。 英国以外のヨーロッパ大陸側では、現在の中東に含まれる地中海沿岸地域のことを「近東」として扱っている場合も多いと思われます。 イスラム教信者が数多く居住している地域であることから、単に観光目的では入国が許可されない国々も存在しています。

中東地域のイメージとして強いのは、「砂漠」ですが、国情は各々に大変異なります。
また上段に述べた、「中東」という地理的概念の他に、「北アフリカ」「西アジア」地域、アジアの数ヶ国を含むイスラム国家として、この地域一帯が定義されることもあります。
古代から中世にかけて、中国を別として世界文明の指導的な地位を占めていた時代がながく、ヨーロッパ地域との長い抗争の歴史が続いてきました。7-14世紀ごろまでは、イスラム勢力が優勢でしたが、20世紀初頭まで有力であったオスマン帝国を除いては、15世紀以降から現代にいたるまで、対ヨーロッパ勢力による劣勢を強いられ、19世紀末には英国とフランスによる植民地・保護国化が行われました。
広義の意味でのイスラム文明とヨーロッパ文明の対立は、現在でも継続しているとも考えられます。
20世紀に、近代的な区分によるイスラム国家が誕生しました。 国情は各国でかなり異なりますが、ペルシャ湾岸地域の百万単位の人口の国家を除いては、千万人以上の人口を持つ国家が多いのが特徴です。

ホテル地図:中東地域の都市別

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金