オランダ 地図

オランダ

オランダは、3D地図に対応できているのは大都市のみです。
地図には、写真と画像とが混ざっていますが、対象となる町や村の位置関係を把握することができます。
観光ポイントとして有名なルートは、アムステルダムと隣国ベルギーの首都ブリュッセルを結ぶパターンです。
人気のある観光ポイントは、基本的にこのルート上を経由する地点で、北ホラント州と南ホラント州が中心となるでしょう。主要な都市も、ほぼこの2州に属しています。
アムステルダムを基点とする半日で行ける観光箇所は大変多いため、オランダ観光をする場合は、滞在地点を固定して身軽に行動するのが一番良さそうです。

オランダ:2D地図を表示

オランダを3D地図で表示 click すると Google Earth を展開します。
オランダ

主要都市以外の町を表示しています。(オランダ)

アムステルダム

アムステルダムは、運河を中心に造られた街なので、有名な建築物を除いては基本的に建物の外観がほぼ同じに見えてしまうため、運河と橋と「通りの名前」から目的地に進みます。アムステルダムは13世紀にアムステル川の河口にダムを築いて、土を盛ったオランダ人によって新設された新国土です。 アムステルダムのみならずオランダには、土地と水との闘いが刻まれている地域を数多くみることができます。
大きな方針の転換
オランダは、2019年ごろ、観光客の数を増やすのではなく減らすことを目的とした計画を作成しました。観光客の数が2017年の1800万人から2030年には2900万人まで増えるとの予測を受け、同国は観光客の数を制限することを決めました。オランダは観光客誘致で大きな成功を収めてきたが、観光産業の成長が加速すれば2030年までには観光客の数が年間4200万人に増える可能性もあると懸念されています。
その懸念に対しての措置です。
しかしながら、2020年2月に発生した、全世界的なコロナ・ウィルスの影響で、オランダの観光客も2020年は、大幅な減少が予想されます。 この転換点を経てオランダはどのような観光政策を取り始めるのか? 
非常に注目されます。

アムステルダム:2D地図を表示

アムステルダムを3D地図で表示
アムステルダム

アムステルダム 日帰り

アムステルダム近郊の日帰り観光ができる名所を表示しています。小さな町が多いので、何れの町の滞在時間も長くて2時間位、1日をかけて複数の町をアムステルダムを基点として訪問するのが一般的な観光形態のようです。(各町にもホテルはあります)
アムステルダム北部域には、現在アイセル湖(淡水湖)に面した湖岸地域の都市が点在しています。 これはオランダが長年苦しんできた水害に対抗する国家事業の成果で、アイセル湖と外海である北海との間に大堤防を築き(1932年建造)、北海からの荒波を防ぐことに成功しました。現在は、淡水湖に面するリゾート都市(但しオランダの夏季は短い)などの整備が進んでいます。

アムステルダム日帰り:2D地図を表示

オランダでは、大きな都市以外は3D地図に対応していません。
よってGoogle Streaet View の画像を使って場所のイメージを表示しています。

アムステルダム 日帰りを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
キューケンホフ