クラクフ 地図

クラクフ

クラクフを3D地図で表示 click すると Google Earth を展開します。
クラクフ

クラクフは、首都のワルシャワ、ウッチに続く人口規模で第三の都市です。11世紀中ごろから16世紀末までポーランド王国の首都として栄えた古都で、中世期の中欧ヨーロッパ地域の中心の一つでした。
首都ワルシャワが第二次世界大戦中に、完全に破壊されましたが、クラクフはドイツ軍の司令部が置かれており、戦火を逃れた中世期の街並が世界遺産に登録されています。
アウシュビッツに向かう交通の拠点でもあります。

クラクフ:2D地図を表示

アウシュヴィッツ

アウシュヴィッツを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
アウシュヴィッツ

オシフィエンチム(ポーランド語)はポーランドの都市で、人口は約43.000名。ドイツ語名アウシュヴィッツ (Auschwitz)としての名称のほうがよく知られていますが、同じ場所で呼び名が違うのみでです。
街の郊外に強制収容所跡が、3箇所存在していましたが、訪問施設として整っているのは、アウシュビッツ第一強制収容所跡とビルケナウ第二強制収容所跡です。 
展示されている内容は、人類の歴史にとって非常に重要なものではあるが、施設の規模が極めて大きいためポイントをおさえていかないと体力があるうちに全体を周ることができません。 クラクフ発のガイド・ツアー(日本語とは限らない)などの利用も望ましいと想います。
第一収容所跡のアウシュヴィッツは、博物館として公開されており、日本語ガイドブックや記録映画なども見ることができます。
約3km離れた場所にあるビルケナウ強制収容所跡は、規模において最大のもので、判明しにくいが、航空地図版でもその巨大な敷地が見て取れます。こちらの施設も入場可能となっています。
第三強制収容所モノビッツは、戦争下、数多くの企業が工場プラントを建設し、囚人を労働力として利用した場所で、多くの資材搬入用の鉄道路線が当時の規模を物語っています。(地図のみで参照ください。現地で実際の見学入場はありません)

強制収容所 地図