クレムリン(モスクワ)

クレムリン 地図

クレムリンとは固有名詞ではなく「城塞」を表す言葉です。ロシアにおける「城塞」は、河川に面した高台に建設されることが多く中世都市の多くはクレムリンを備えていましたがが,多くの都市の中で、モスクワの「城塞」は最も重要かつ有名でなものです。 内部にはさまざまな時代の宮殿や聖堂があり、開設されたのは11-12世紀ごろといわれ,15世紀後半イワン3世 (大帝) のときにイタリア人建築家の指導のもとで,ルネサンス風に全面的に改築され,ほぼ今日の規模の「要塞」となりました。 城壁は延長 2.25km,高さ5-19mで,20の城門と塔があります。
1712年に首都がペテルブルグに移ってから発展は一時中断されていました。 さらにナポレオン1世のモスクワ占領によって一部が破壊され,大きな損害を受けていましたが,その後再び修復されクレムリン大宮殿や武器宮殿などが建てられました。 ソ連の革命後はソビエト政府の中心となり,ソ連時代にはソ連邦最高会議やソ連邦閣僚会議がここにおかれ,クレムリンといえば,ソ連政治の代名詞でした。
ソ連邦崩壊後でも,ロシアの首都モスクワのクレムリンは政治の中枢部に変わりありません。

ホテル地図:モスクワ

海外でモバイル機器を利用して地図を参照する場合の料金