アジア地図

アジアの区域 地図
アジアと呼ばれる地域を、区切って表示する場合は、その構成グループが、どのような経緯で成り立っているのかを見ておく必要があります。各グループの事情や、そのグループに参画するかどうかは、各々の国の意思により変化します。 当然ながら、アジアの領域の定義は一定のものではありません。 下記の区分は、日本の外務省によるアジア領域で、日本も含まれています。

時差表示 地図 陸地をclickすると時刻が表示されます。
中国とインドは、領土も東西に長く、時差がありそうですが同一時間を採用しています。
インドネシアは、赤道領域で 東西に長く島々が連なる国なので、3つの時差があります。

本サイトには以下のような地図が含まれています

エベレスト・トレッキング

登山目的ではなくトレッキングで、訪問できる世界最高峰の展望所とされるのがカラパタールです。
展望所以外にも、付近にはエベレスト登山に向かうベース・キャンプも存在しています。

エベレスト・トレッキングを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
エベレスト

トレッキングの最終目的地となるカラパタール(標高5643m)では、東に直線距離約10kmの間近に世界最高峰エベレスト、地上最美の山といわれるプモ・リなど、360度の展望が広がります。
エベレスト街道の終着点であるゴラクシェプに宿泊すると、カラパタールとエベレストベースキャンプの両方を訪れるチャンス(状況次第)があります。

エベレスト・トレッキング:2D地図を表示

グランドキャニオン

グランドキャニオンの中心部を流れるコロラド川に沿った全長は約446km、断崖の深さは平均で1200m、最深地点は1800mにも及びます。
非常に広範囲に広がる地域であるため、地上からのアクセスできる観光ポイントは、程よくまとめられています。
一番簡単にアクセスする方法は、近郊都市の一つであるラスベガスから、航空機を利用しての日帰りツアーです。 グランドキャニオン空港に着陸できた場合は、空路と地上から大渓谷の様子を眺めることができます。

グランドキャニオンを3D地図で表示 click すると Google Earth が展開します。
グランドキャニオン

実際にグランドキャニオンを訪れた場合は、地図に掲載されているすべてのポイントを廻ることは、時間的な制約もあり不可能です。
3D地図(Google Earth)では、十分な臨場感も楽しめるような表示となっています。

グランドキャニオン:2D地図を表示