ハノイ(首都)

ハノイ 地図

ベトナムの首都。ハノイがベトナムの中心都市となったのは、7世紀頃のことで、唐代には雲南と南シナ海を結ぶ交易路上にあったこともあり、安南都護府がおかれ唐による南方支配の拠点となっていました。その後11世紀の李朝はこの地を都と定め、1802年に阮朝がフエに都を移すまで王都として繁栄。1831年に現在の名称「ハノイ」と呼ばれるようになります。1873年にはフランスに占領され、1887年以降はフランス領インドシナの中心都市として、現在も数多く残るフランス様式の建築物が造られていました。
1940年、日本軍の仏印進駐により、日本の事実上の占領下となっていましたが、1945年8月にその占領状態は終了し、9月2日にハノイでベトナム民主共和国の独立が宣言されます。
その後、1946年から1954年の第一次インドシナ戦争(対フランス独立戦争)においては、ハノイも戦場となり、一時フランス軍が占領しました。しかし、ベトナム側が戦争に勝利したことにより、ハノイはベトナム民主共和国(北ベトナム)の首都となりました。
その後、アメリカによるベトナム傀儡政権による南ベトナムとの戦争中は、橋などの交通施設を中心にアメリカ軍の爆撃を受けました。1976年には南北ベトナムの統一に伴い、統一ベトナムの首都となりました。
街の形成は、李朝により都が置かれて以来栄え続けた地域である旧市街地(細い路地が入り組み、古い街並みが続くホン川河畔の地域)を中心として右岸一帯に都市が発展していきました。 旧市街の賑わいは昔と変わっていません。

ホーチミン廟

ベトナム戦争が終結した1975年に建設された。独立運動を生涯率いてきたホーチミンの遺体が安置されている廟所。ホー・チ・ミン自身は、南ベトナムとの戦いがほぼ大勢を決した1969年に死去(心臓発作)した。

旧市街地

11世紀に開かれた城下町で、現在でも市街地全域が商店となっており、通りによって取り扱う商品が分類されている。一種の広域市場。ホテルやレストランも数多い。

聖ヨセフ大聖堂

フランス植民地時代に建造された教会でネオ・ゴシック様式による。周辺にはカフェやショップがならびフランス風の町並みのよう。

ロンビエン橋

ホン河に架かる1700mの鉄道橋、ベトナム戦争時には何度も空爆で破壊され補修が継続して行われてきたハノイのシンボルの一つ

軍事博物館

フランスとの決着戦ディエンビエンフーの戦いや南ベトナムへの侵攻作戦などの展示や実物の武器・航空機などの展示をみることができる。